ぎっくり腰

今年も残すところあとわずかになりました。

年末といえば大掃除!ですが大掃除中に、ズキッと・・『ぎっくり腰』などのお怪我で来院される患者様がとても多いです。

そんな患者様が口をそろえておっしゃるのは

「そんなに重い物を抱えたわけではないんだけど・・」

そうなんです!
『ぎっくり腰』は重い物を抱えていなくてもなります。

では、なぜ年末の大掃除中に起こりやすいのか?

①日常の仕事では行わない動作(不慣れな動作)を繰り返すことで、普段使わない筋肉を使う。つまりあまり普段使わず血行が悪い筋肉を使う。

②一段と冷え込む時期に行う。つまり寒さによりさらに血行が悪い筋肉を使う。

③血行が悪い筋肉はつないでいる関節の動きも悪くなります。

④関節の動きが悪くなると、屈めただけでも筋肉、関節にストレスをかけ、傷つけます。

『ぎっくり腰』の出来上がりです。

しかし大丈夫です。防ぐことは難しくありません。

血行が悪い筋肉血行が良い筋肉にしておけばいいのです。

ラジオ体操など簡単なものでもいいでしょう。

大切なことは、必ず「今から使いますよ。」と筋肉に教えることです。

自分の判断では不安な方は気軽にご相談下さい。『ぎっくり腰』にならないお手伝いさせていただきます。

また残念なことにすでに痛めてしまった方は、年内まだ間に合います。早期治癒のためすぐに受診をお勧めします。

皆様が怪我なく新年が迎えられますように!!!



関連記事

  1. 長崎くんち

  2. 日本一周写真集第3弾!

  3. 休日の過ごし方2

  4. 結婚しました!!!

  5. 梅雨遊び

  6. 久々投稿です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA